JBA:ナレッジ&ニュース(新着)

【金融庁新着情報】「会計監査の在り方に関する懇談会」提言公表

 1.   項目 【金融庁新着情報】「会計監査の在り方に関する懇談会」提言公表
 2.   設定主体 金融庁
 3.   適用開始時期 -
 4.   概要

2016年3月8日、金融庁は「会計監査の在り方に関する懇談会」提言を公表しました。


最近の不正会計事案などを契機にして、改めて会計監査の信頼性が問われています。その状況で2015年10月に「会計監査の在り方に関する懇談会」が設置され、会計監査をとりまく環境の変化や、最近の不正会計事案の要因等を踏まえ、会計監査の信頼性を確保するために必要な取り組みについて、幅広く議論が行われてきました。

 

その議論を取りまとめたのが本提言です。

 

提言は5本の柱から構成されています。
1監査法人のマネジメントの強化
2会計監査に関する情報の株主等への提供の充実
3企業不正を見抜く能力の向上
4「第三者の眼」による会計監査の品質のチェック
5高品質な会計監査を実施するための環境の整備

 

1本目の柱である監査法人のマネジメントの強化、では強いメッセージが出されています。
・監査法人にガバナンス・コードを導入する
・大手上場企業等を監査できる監査法人の数を増やす

 

 その他監査業界にもっとしっかり監査をするよう求めています。

 

詳細については下記リンクをご参照ください。

 5.   RCカテゴリ その他
 6.   リンク先 金融庁

JBA:ナレッジ&ニュース

トップに
戻る