JBAからのお知らせ

グループCEO年頭の辞

※本メッセージは、グループCEO脇一郎がJBAグループ全社員に向けて動画配信したものです

 

グループCEO年頭の辞

2018年1月5日

株式会社JBAホールディングス
代表取締役 グループCEO
脇 一郎

 

JBAグループの皆さん、明けましておめでとうございます。グループCEOの脇一郎です。年末年始の休暇で十分にリフレッシュされ、新たな気持ちで本日を迎えられたと思います。年頭にあたり、JBAグループの皆さんに、2018年、平成30年の年頭の辞を申し上げます。

さて、今年は私からの年頭の辞として「イノベーションへの適応」「ワンストップサービスの拡充」「プロフェッショナル意識の向上」を挙げたいと思います。

 

 

1.「イノベーションへの適応」
昨年は、「イノベーション元年」としてJBAプロセス・イノベーション・コンサルティング株式会社を立ち上げ、先進的なITを活用したプロセスコンサルティングサービスの提供を開始いたしました。また、私自身も「最新IT技術を用いた業務改革」をテーマに多数セミナーを行い、非常に高い関心をもってご参加される方が多いことを実感いたしました。
我々JBAグループは、経理財務業務におけるサービスの提供者として、さらに積極的にこのテーマに取り組んでいく必要があると考えています。ぜひ、皆さん自身もこれらについて感心を持ち、実際に最新の技術に触る、情報を集めるなど積極的に「適応」するべく、精進をしていってもらいたいと思っています。

 

 

JBASS member2.「ワンストップサービスの拡充」
JBAグループの強みは、クライアントと同じ目線で、同じゴールを目指し、それを実現していく「具現化力」にあります。クライアントのニーズは多様化しており、その多様化したニーズをできるだけ取り込みつつ、クライアントサービスの充実そして満足度を向上させていくことが我々の使命です。
その中で、昨年はワンストップサービスの拡充の一環として、JBA司法書士法人を立ち上げ、リーガルサービスの提供を開始しました。また上場準備クライアントに対するIPOコンサルティングを強化するため、資本の注入も含めたサービスを展開するJBAキャピタル合同会社の設立なども進めてきました。
このように、これからもできるだけクライアントニーズを取り込み、クライアントのビジネスパートナーとして近い位置で仕事をしていけるようなサービスを提供していきたいと思っています。

 

 

3.「プロフェッショナル意識の向上」
我々は単なる事務処理会社ではなく、高度な判断と適切な提案を伴うプロフェッショナルファームでなければならないと考えています。そのためにはプロフェッショナルとして、高度な知識をインプットし、高いパフォーマンスをアウトプットできるスキルを身につけていく必要があります。JBAグループでは、このようなスキルを磨く研修や自己研鑽の機会を最大限提供したいと思っています。そして社員の皆さんも、高い心持ちをもって、自らのキャリアのためにも不断の努力をしてもらいたいと考えています。



最後に、皆さんとご家族のご繁栄とご健康を祈念して、私の年頭の辞とします。

以 上


JBA:JBAからのお知らせ

トップに
戻る