文字サイズ

Top >

Message

グループCEO 脇 一郎

グループCEO 脇 一郎

仕事に対して正実であること。
人に対して誠実であること。
そんな仲間を求めています。

ACS事業部(Accounting Consulting Service事業部)事業部長 脇 一郎

ACS事業部
(Accounting Consulting
Service事業部)
事業部長 脇 一郎

TCS事業部(Tax Consulting Service事業部)事業部長 松田 賢一郎

TCS事業部
(Tax Consulting
Service事業部)
事業部長 松田 賢一郎

グループCEO 脇 一郎

グループCEO 脇 一郎

 このたび、JBAグループ創業以来10年間グループCEOを務めました永川顕司の後任として、就任しました脇一郎です。ここに謹んでご挨拶申し上げます。

 JBAグループは、2006年3月に創業以来10周年を迎えました。創業当初は決算支援を中心とした会計プロフェッショナルサービスが中心でしたが、10年を経て会計だけではなく、税務、人材紹介・派遣、ITサービス、資産税・相続税関連コンサルティングなど、多岐にわたるサービスを提供できるプロフェッショナルサービスファームになりました。現在では、グループ全体で正社員100名を超え、6つの事業拠点(東京、千葉、大阪、四国中央、松山、上海)、9つの法人を擁するグループにまで成長いたしました。創業時から徐々に事業を拡大してこられたことは、クライアント様をはじめとする関係者の皆様のご支援の賜物であると、深く感謝申し上げます。

 グループCEO就任にあたっての抱負を述べさせていただきます。

(1)「信頼できるビジネスパートナー」を目指して

 我々はプロフェッショナルとして高いスキルとパフォーマンスを提供することは当然であると考えております。最も重要なことは、クライアント様の期待に沿ったサービスを提供できるかどうかです。そこで鍵となるのは、いかにクライアント様からの期待を引き出すことができるかですが、本当の意味での期待を引き出すには「信頼できるビジネスパートナー」となることが必要です。我々は、プロフェッショナルパフォーマーであることと同時に「信頼できるビジネスパートナー」であることを目指します。

(2)「具現化」のプロフェッショナルを目指して

 現代において、あらゆるノウハウはネットなどで簡単に入手できる時代です。問題は、そのノウハウをいかに「具現化」できるかにかかっています。我々は、そのノウハウを「具現化」するためのスキル、そして課題解決力(ソリューション力)を磨き、クライアント様に付加価値の高いパフォーマンスを提供します。

(3)正実と誠実

 正実は正しくまことであることです。我々は会計・税務と言った規則や法律に遵守するサービスを提供しているので、それに違反したことまたは違反する恐れのあることを行ってはいけないだけでなく、正しい方向に導いていく必要が有り、その意味では、高潔であることも含まれていると考えています。単に間違っていないということではなく、正しくまことであることを求めていかなければいけません。
 また、同時に、誠実でなければいけません。今更誠実の意味を説明する必要は無いと思いますが、広辞苑では、誠実を「他人や人に対して、真面目で真心がこもっていること」とある通り、クライアントに対しても、仕事仲間に対しても、自分自身に対しても、誠実な行いを心がけなければなりません。
 ただしく、まごころを持って、つまり、正実で誠実な仕事をすること、これが我々の仕事の総てです。

以上、グループCEOに就任するにあたっての抱負を述べました。今後もJBAグループ全体で高い付加価値サービスが提供できるよう、社員全員が業務品質向上に積極的に努めていきたいと考えております。今後とも、引き続きよろしくお願い申し上げます。

ACS事業部
(Accounting Consulting Service事業部) 
事業部長 
脇 一郎

ACS事業部(ACS事業部) 事業部長 脇 一郎

 ACS事業部は、会計関連コンサルティング(有価証券報告書、会社法計算書類などの作成支援、経理業務アウトソーシングなど)、M&A関連コンサルティング(財務デューデリジェンス、バリュエーションなど)、経営管理系コンサルティング(ビジネス系コンサルティング-事業再生、事業承継など-)、IT関連コンサルティング(アプリケーションパッケージ導入支援など)、人材関連サービス(人材紹介、人材派遣など)など、多岐にわたるサービスを展開しています。一見関連性がないように見えますが、実は「クライアントニーズ」を的確に具現化するためのサービスラインとなっています。

~「ビジネスパートナー」としてのプロフェッショナル~
 ACS事業部では、このように「クライアントニーズ」を把握し具現化できるクライアントの「ビジネスパートナー」的な存在になりうるプロフェッショナルを求めています。常にクライアントの傍に立ち、クライアントニーズに応えていく、これが真の意味で「侍(さむらい)業的」プロフェッショナルと考えています。そのためには、専門知識やノウハウはもちろんのこと、アウトプット能力(PC能力、語学力、プレゼン能力)、コミュニケーション能力を重要視しています。弊社のクライアントには、ほとんど監査法人が会計監査人として関与していますので、知識やノウハウは監査法人からアドバイスをしていただけます。我々に期待されていることは、それをどのように具現化していくか、ここに我々の存在価値があります。

~「マイクライアント(My Client)」~
 弊社コンサルタントには担当するクライアントから様々な相談事項があります。最近の会計・税務実務は高度化、複雑化しており、全てを個々のコンサルタントで解決することは難しい場合もあります。それでも、我々プロフェッショナルはクライアントの「ビジネスパートナー」として何らかのアドバイスやソリューションを提供することが求められています。このように個々のコンサルタントが担当するクライアントを「マイクライアント(My Client)」と自覚し、常にアドバイスやソリューションをクライアントに提案できること、これが真の「侍(さむらい)業」サービスであると考えています。

 真のプロフェッショナルとして、クライアントに最大価値を提供できるコンサルタントとして一緒に働きませんか。皆さんの応募をお待ちしています!

TCS事業部
(Tax Consulting Service事業部) 
事業部長 
松田 賢一郎

TCS事業部(Tax Consulting Service事業部) 事業部長 松田 賢一郎

 TCS事業部では、JBA税理士法人が中心となり、税務関連サービスを提供しています。
 我々の最大の特徴は、クライアントが非常に多様であることです。売上げ数兆円規模の一部上場企業・ナショナルクライアントから、家族経営の商店や農家、アーティストといった個人事業主まで、それぞれのニーズに合わせたサービスを提供しています。そのため実際の業務内容も通常の税務関連業務に加え、大規模企業の経理・CFO業務、外資系法人の立ち上げや金融機関のサポート、農業法人、医療法人、財団法人といった特殊法人など、他ではなかなか経験できないようなキャリアを積むことが可能です。税務会計業務はこうしたものといった固定概念を持たず、自分の可能性にチャレンジしたい人材を求めています。

 組織としては、理不尽なことを極力排除し、一人ひとりの適性や意見を尊重した働きやすい職場づくりを目指しています。
 事業会社では当たり前となっている時間管理の仕組みをいち早く導入し、税務会計事務所では常態化している「残業」を極力なくし、定時の18時でほとんどのスタッフが帰宅しています。また担当制を廃止し、マネージャーを中心とした複数名でチームを組みサービスを提供することで、個人の負担を減らすと共に、チェック機能を働かせ「品質」の向上につなげています。問題が発生した際は、個人を責めるのではなく、徹底的に検証を行い、組織の問題として捉えることで、リスクマネジメントの質も高めています。

 こうした仕組みは全てサービスの「質」を高めるためです。
 ハードワークからは、質の良い仕事は生まれません。個人に余裕があるからこそ、良い仕事を追求することができます。そして良い仕事からは「やりがい」を感じることができ、成長につなげることができるのです。

 入社後はミーティングの多さに驚かれることもあるかもしれません。代表、マネージャー、スタッフ、皆で共に作り上げる、という意識を持っていただきたいのです。意見があれば、どんどん発信してください。人間、向き不向きが必ずあります。適材適所を実現するために、どういう業務であなたの志向や適性を発揮できるのか、共に考えていきましょう。