文字サイズ

Top >

Voice

織茂 敬俊 (ACS事業部)ディレクター/公認会計士

「クライアントニーズに直接応えられている」という充実感とやりがいを日々感じています。

織茂 敬俊 (ACS事業部)ディレクター/公認会計士

 私が所属している財務報告アドバイザリー部(FRA)では、主に、コンバージョンと呼ばれる業務を提供しています。例えば、東証に上場しており、かつ、ニューヨーク証券取引所にも上場している企業に対して、日本基準から米国基準への組替・開示作業の支援業務を提供しています。
 そこでの業務は、クライアントの担当者と共に「作成作業」を担当します。そのため、高い「コミュニケーション力」と業務遂行への「責任感」が求められますが、裏を返せば、「○○さん、ありがとう」とクライアントに直接的・個人的に感謝される業務でもあります。私自身「クライアントニーズに直接応えられている」という充実感ややりがいを日々感じながら、業務に携わっています。

 私は、現場作業を通じて、クライアントと非常に濃い時間を過ごさせて頂いていますので、一体感や連帯感をクライアントと共有できるという魅力的な体験をしています。助言やアドバイスだけでは得られない体験をできるという点がこの仕事の魅力の1つだと感じています。
 また、JBAとしては、「新しいこと」や「積極的なこと」に対して寛容な組織であるという点もあります。私が入社して間もない頃「やりたい仕事があるなら、(自分で提案して)自分で作り出せばいいんじゃない」と言われたことがあります。このような風土を利用して、「自分のやりたいこと・興味があること」を仕事につなげていけることもJBAの魅力の1つです。

 IPOされたとあるCFOの方に「今までお付き合いしたコンサルティング会社でよかった会社はどんな会社ですか?」と質問したことがあります。「IPOを目指すと様々なコンサル会社とお付き合いをするけど、やっぱり、プロフェッショナルを感じさせた会社がよかったですね。あと、「Give&Take」ではなく、「Give、Give、Give」の方たちと今後ともお付き合いしていきたいです(笑)。」
 当時は「すごいことを言う方だなぁ」と思ったものですが、今では、それぐらいの気概がないと皆様にお付き合いしてもらえないのだなと実感しています。これからもより多くのクライアントと喜びを共有できるコンサルタントであるよう努めていきたいと考えています。

川口 宏之 (ACS事業部)ディレクター/公認会計士

チャレンジできる環境に感謝。立ち上げた教育研修サービス事業を大きく育てることが当面の目標です。

川口 宏之(ACS事業部)シニアマネジャー/公認会計士

 私が手掛けている業務は大きく2つに分かれます。一つは会計コンサルティングサービスで、もう一つは教育研修サービスです。
 会計コンサルティングサービスは、上場企業の決算開示書類作成支援、IFRS導入支援、経理アウトソーシング等、会計・経理の専門的なサービスを提供する業務です。会計・監査・内部統制等の知識・経験をもとに、業務プロセスの改善や業務効率化の提案なども行います。
 一方教育研修サービスは、上場・非上場問わず、経理財務関連の社員研修を、クライアントの社員の方向けに提供する業務です。例えば、新入社員向けの「財務諸表の読み方研修」から、管理職向けの「ファイナンス・経営分析研修」まで、幅広く手掛けています。
 いずれも、これまでの実務経験を活かすことができ、かつ、クライアントに直接感謝される仕事であるため、日々やりがいを感じています。

 JBAは公認会計士を中心とした専門集団でありながら、堅苦しいところがないのが魅力です。JBAで教育研修サービスを立ち上げたいということを上司に相談したところ、二つ返事でOKをもらいました。また、教育研修サービスと連動させるために、ビジネス書の執筆・出版をしたいという相談をしたときも、快く承諾してもらいました。大手だったらおそらくどちらも却下されていたと思います。JBAのような柔軟な組織は、新しいことにチャレンジしたい人にとってはこの上ない環境だと思います。

 教育研修サービス事業は、JBAの他の事業と比べるとまだまだ小ぶりなので、これを大きく育てることが当面の目標です。
 アカウンティングやファイナンスの知識は、経理部門に限らず、すべてのビジネスパーソンにとって必須のスキルだと思っています。特に、役職が上がれば上がるほど、数字の裏付けをもとに意思決定をしたり、説明責任を果たすことが求められます。教育研修を通じて、「数字を使いこなし、数字で語れる社員」を増やすことで、クライアント企業の業績そのものに貢献し、ひいては日本経済全体の発展に貢献できるよう、勇往邁進しようと思います。

福島 祐子 (ACS事業部)マネジャー/公認会計士

ワークライフバランスを実現して、女性が活躍できる職場作りに貢献していきたいです。

福島 祐子(ACS事業部)マネジャー/公認会計士

 現在はアニュアルレポートの作成や、決算開示支援、連結決算サポートなどを主に担当しています。監査法人での勤務も自らのキャリアにおいてとても貴重な経験でしたが、JBAでの業務内容はより具体的にクライアントの方と同じ目線で作業をしたり成果物を作成したりすることが必要なので、新たな気付きを得ることも多々あります。抽象的な話ではなく、どうやって実務に落とすかというところまでが必要となるので、会計基準や会計事象の理解も深めることができます。
 また、現在は子供がまだ小さく時短勤務をしているので、限られた時間の中で上手にチームをまとめ、効率的に業務を進めるマネジメント力を身につけたいと日々取り組んでいます。

 JBAの最大の魅力は、やはりワークライフバランスが実現しやすい環境だと思います。私自身も出産前と同じスタンスで働けない現実に悩むこともありましたが、上司や周りのメンバーの配慮もあり、仕事と家庭を両立して充実した毎日を送っています。
 会計士は比較的男女差のない職種ではありますが、やはりライフステージにより仕事への関わり方が大きくかわることが多いのは女性であるという現実もあります。実際にライフステージの変化を経験し、制度の充実だけではなく、環境の大切さも肌で感じました。働き方への理解を深めフォロー体制を構築してくれる上司や、子供の体調不良などの際には積極的に仕事のフォローをし、いつも子供の様子などを気にかけてくれるメンバーに恵まれたことを感謝しています。

 今後も子供の成長や家族の環境の変化などにより、仕事と家庭の両立という課題に直面することもあるかとは思いますが、バランスをとりながら徐々に仕事の幅も広げられたらいいなと考えています。知識や経験を深めることはもちろんですが、クライアントに寄りそって力添えできるような「縁の下の力持ち」であり、人としての魅力を兼ね備えたコンサルタントになれるよう努力していきたいと思っています。
 また、JBAには今後新たなライフステージを迎える社員も多くいますので、そんなメンバーが少しでも働きやすい環境になるよう、自分自身の経験をJBAのハード面やソフト面の充実に活かせたらいいなと考えています。

福田 友哉 (TCS事業部) マネジャー

専門職であり、営業職。柔軟な発想力で新しい税務事務所像をつくっていきたいです。

福田 友哉(TCS事業部) マネジャー

 今、私は東京事務所のマネジャーとして、各担当者とともにクライアント先とのコミュニケーションをとり、税理士法人としての基幹業務である税務顧問、税務申告の作成はもちろん、クライアント先での経理支援業等も行っています。
 日々の業務の中で意識しているのは、この仕事は専門職であると同時に営業職であるということです。クライアントとのコミュニケーションを大切にし、そこで得た個々の信頼をもとに業務を行い、税務会計に関してはJBAに任せておけば安心だと言っていただくことにやりがいを感じています。また、営業であれば自分たちの扱う商品についての深い知識は必須です。我々の扱う商品、それはつまり税務の知識であり知恵を常にブラッシュアップし、クライアントに満足していただけるサービスを提供することを心がけております。

 一方働き方に関しては、JBAは非常にワークライフバランスのとりやすい職場だと感じています。平均年齢は30代前半。女性スタッフも多く、組織化を行うことで個人の負担をできるだけ減らし余裕を持って働くことができる環境なので、オフィス内はすごく穏やかです。コミュニケーションも活発で、フランクに意見を発信することができます。
 また、個性を尊重しているので、その人の志向に応じ、どんどん成長していくことが可能です。未経験で入社してきたメンバーも多いため、教育・研修体制も整っています。外部研修なども充実していますし、さらに社内で英語の研修なども受けることができます。

 日本の税制は毎年の税制改正を経て、年々複雑化してきております。また会計経理業務においても、さまざまなニーズが生まれております。そのような中、今後ますます複雑化してくる税務業務には高度な知識と多くの経験で培われた知恵で、クライアントからの今までにない新しいニーズ対してはそれに応えられる柔軟な発想で、既存の税理士事務所の枠を超えた新しい税理士事務所像を構築していければと考えております。

浅井 匠也 (ACS事業部) マネジャー/公認会計士

会計知識を活かし、ITを使ったソリューション提案をする新鮮で刺激的な毎日です。

浅井 匠也 (ACS事業部) スーパーバイザー/公認会計士

 連結会計システムの導入・開発を行っているシステムベンダーのコンサルティング部門に常駐し、連結会計システムの導入コンサルティング業務を支援しています。
 最近では主に、連結会計システムのユーザに対する、IFRSへの移行に関する連結会計システムの設計・構築等のコンサルティング業務に関わっています。この業務では、システムに関する理解とともに、IFRSに関しても相応の知識が必要となります。IFRSや連結会計など、これまで会計士としての業務の中で培ってきた会計に関する知識・経験を存分に生かしつつ、ITを使ったソリューションの提案を日々検討する毎日はとても新鮮で刺激的です。

 JBAの魅力は、風通しの良い社風です。個々の業務について、上司が細かく指示を出してくることは無く、個々のスタッフに大きな裁量が与えられています。一方で、全く個人に任せきりというわけではなく、フォローはしっかりと行います。私の場合、クライアントに常駐しているため、普段JBAの他のメンバーと顔を合わす事が少ないのですが、2週に1回、ディレクターとランチミーティングの機会を設けてもらい、そこでフェイス・トゥ・フェイスのコミュニケーションを取り、定期的な情報交換を行っています。
 また、ワークライフバランスが取りやすい環境であることも大きな魅力だと思います。社員ひとりひとりに適性な量の業務が割り振られるので、繁忙期であっても長時間の残業を求められることはほとんどありませんし、関与しているプロジェクトと調整をつけられれば、有給も自由にとることができます。

 連結会計システムについては、まだまだ覚えなければならないことがたくさんあると感じていますので、まずは連結会計システムに精通することが当面の目標です。その上で、現在は、もう一人のメンバーと合計2名でクライアントに常駐している体制を、メンバーを増やして組織的な支援体制を構築していきたいと考えています。これから先、まだまだ需要がある分野だと感じていますので、もっと事業を大きくしていきたいですね。ゆくゆくはJBAの事業のもう一つの柱に育てて行きたいと思っています。また、決算・開示の実務やグローバルへの対応力といったJBAの強みを活かして他のサービスと組み合わせた形でのサービスの提供というのを今後は進めていきたいと考えています。

西山 元浩 (ACS事業部) マネジャー/公認会計士

日本企業を会計面から全力でサポート、仕事のやりがいを実感しています。

西山 元浩 (ACS事業部) マネジャー/公認会計士

 日本企業に対するIFRS導入支援業務をメインで担当しています。
 日本基準とIFRSの知識に加え、グローバル企業への支援では、USGAAP等の知識も必要とされる場面もあり、また、英語能力も要求されます。連結各社の決算期が統一されていない場合には、決算期統一やそれに伴う決算早期化への対応もあり、各社の決算業務及び監査についての理解が求められます。
 このように高度な知識が要求される環境で働けることは、自らのスキルが磨かれると同時に、仕事に対するやりがいを感じることができます。

 JBAのメンバーは、30代40代中心の玄人集団で、皆とてもフレンドリーです。風通しの良い環境であり、意見交換が活発に行われ、ナレッジも非常に充実しています。そのため、高度な業務を担当するにあたっても、自分の能力を最大限に引き出すことができ、チャレンジできる環境にあります。

 また、プライベートを大事にする社風があり、業務とプライベートのバランスが非常に取りやすい環境にあります。プロジェクトに対してやみくもに取り組むだけではなく、全体やゴールを見据えてスケジュールを管理し、プライベートの時間を確保することが望まれています。そのような状況であるからこそ、仕事をポジティブに捉えることができ、さらに業務に邁進することができます。

 現在、世界の株式市場に目を向けると、ほとんどの国でIFRSの強制適用がなされています。今後、日本でもIFRSが強制適用される方向であると考えられています。日本企業のグローバル化も進んでいる中、各国の会計基準は複雑になるばかりです。多くの日本企業がIFRS導入を今後本格的に検討することになると考えられますが、そのような日本企業を会計面から全力でサポートし続けることができればと考えています。